FC2ブログ

ゆっき~の秘密☆裏日記

いらっしゃいませ♪ ちょっとHなゆっき~の日記、読んでいってね。

2007-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢できないよ

出会運命

『…ああっ…うぐっ…』
 他の病室に入院している患者さんや、同僚のナースに声を聞かれるといけないので、私は必死に喘ぎ声を押し殺そうとしていた。
 だけど、そうしようとすればするほど、ますます快感が身体の中から膨れ上がってきてしまうような気がした。
 そうすると、私のアソコはますます濡れてきてしまい、雄介の硬直したペニスといやらしくこすれ合って、秘密の穴に溜まった愛液がぐちゅぐちゅとかき混ぜられる淫靡な音が、しーんと静まり返った部屋の中に鳴り響いてしまっていた。
 その音は、この病室の中だけではなく、まるで病院中に響き渡っているのではないか? そんな事すら思ってしまう。
 一方の雄介は、本物のナースと交わっている、という事だけでいつもにも増して興奮していたに違いなかった。
 しかも、ここは病院の中であり、私が身につけているのは正真正銘のナース服なのだから。
 雄介が下から激しく腰を突き上げるたびに、私の二つの乳房がゆっさゆっさと揺れていた。
 その頭では、白衣の天使の象徴であるナースキャップがはずれ、後ろで束ねていた長い髪がほどけて降り乱れている。
『…あんっ、あんっ…ああんっ!』
 下からの雄介の腰の突き上げが、ますます加速されていく。
 私は我慢できずに、夏の蝉時雨のようにあられもない声をあげて、絶頂の白い渦の中に昇り詰めてしまっていました。
スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

 

プロフィール

ゆっき~

Author:ゆっき~

yuki0001.jpg
 OLしてます。
 ちょっと恥ずかしくて、人に言えないことを書いていきます。

アクセスランキング

アクセスランキング

お友達ブログ♪

私のブログをご紹介してくださったお友達です♪ありがとう。これからもよろしくね♪

このブログをリンクに追加する

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

カウンター

アフィリする?

haruna-150x130s.png

ブログランキング参戦中!!!

エログ杯
悩殺ガールズブログランキング
人気blogランキング
FC2 Blog Ranking
エッチなブログ盛りだくさん
エログランキング
ブログランキングranQ

↑一日一回応援クリックお願いします♪

お友達リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。